ガジェット製品

【初心者必見】チェキのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較

 

近年iPhoneをはじめ、様々なカメラの技術発達が凄まじい一方、インスタントカメラの代名詞である”チェキ”も爆発的人気を誇っています!

僕自身チェキを日頃愛用しているユーザーの一人なのですが、「撮影した写真をその場でプリントでき、モノとして形に残る」という点が非常に気に入っています。

最新のiPhoneや一眼レフにはない、チェキならではの醍醐味は、普段人と交流していて「チェキがあって良かった」と感じさせられる機会は、購入する前に想像していたよりも、凄く多いのが現実。

今回、記事では「チェキの選び方がわからない」「モデルの違いを知りたい」「おすすめのチェキはどれ?」という初心者のためにチェキを使用している私が詳しく解説をしたいと思います!

 

この記事でわかること

✔️チェキの選び方
✔️チェキのモデルの違い
✔️自分に合ったおすすめのチェキ

 

こじお
こじお
こじおは「instax mini LiPlay」を使っているけど、かなりおすすめ!Bluetooth機能搭載で、iPhoneのカメラで撮影した写真までチェキでプリント出来るのが最高にGood!デザインも可愛いから持ち運んでいるだけでワクワクしてる!

 

チェキinstaxシリーズは5種類!

 

シリーズ一覧

☑︎チェキ instax mini シリーズ
☑︎チェキ instax SQUARE
☑︎チェキ instax WIDE
☑︎スマホdeチェキ instax SHARE
☑︎instax mini Link

 

ああああ あああああ ああああああ あああああ ああああああ ああああああ あああああ

 

 

【比較一覧】3種類のチェキ&2種類のチェキプリンター

 

チェキのフィルムは3種類!

☑︎mini …最もスタンダードなタイプ!
⇨フィルムサイズ:86×54mm
⇨画面サイズ:62×46mm
☑︎SQUARE …正方形のお洒落サイズ!
⇨フィルムサイズ:86×72mm
⇨画面サイズ:62×62mm
☑︎WIDE …画面サイズが通常の2倍の幅!
⇨フィルムサイズ:86×108mm
⇨画面サイズ:62×99mm

☑︎mini ⇨一枚あたり単価60円前後
☑︎SQUARE ⇨一枚あたり単価100円前後
☑︎WIDE ⇨一枚あたり単価120円前後

こじお
こじお
チェキでは「mini」タイプが主流でスタンダード!フィルムのデザイン種類も「mini」が一番多いよ!

 

【mini シリーズ】

 

 

instax mini 11

instax mini 25

instax mini 90

instax mini Liplay

instax mini 8プラス

instax mini 70

 

 

【SQUARE シリーズ】

 

SQ1

SQ6

SQ10

SQ20

 

【WIDE シリーズ】

 

WIDE300

created by Rinker
富士フイルム
¥11,430
(2021/09/23 06:51:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

【SHARE・Link シリーズ】

 

チェキの選び方・ポイント

 

【ビギナー入門】価格・値段重視なら「instax mini11」

ここがポイント!

☑︎可愛いデザインがキュート!

 

写真にこだわるなら”本格派”の「instax mini90」

ここがポイント!

☑︎高性能フラッシュ搭載
☑︎マクロ撮影(30〜60cm)が可能

 

迷ったらコレでOK!「instax mini Liplay」

ここがポイント!

☑︎Bluetooth機能あり!iPhoneの写真の印刷OK
☑︎音声まで撮れる!思い出がより「鮮明」に
☑︎デザイン性◎ 軽くてコンパクト!

 

スマホの写真をプリントしたいだけなら「instax mini Link」

ここがポイント!

☑︎Bluetooth機能搭載のチェキプリンター(カメラ機能なし)
☑︎リチウムイオンバッテリー搭載
☑︎女性へのプレゼント◎